DFOパートナー

データフィード出張勉強会レポート:株式会社フルスピード様(12月14日開催)

株式会社フルスピード様での出張勉強会

弊社の角が株式会社フルスピード様のオフィスに訪問し、データフィード出張勉強会を開催しました。
フルスピード様では、数年前より運用部門でDFOマネージャーを採用いただき、すでにフィードのチューニングを含めたダイナミック広告の支援を提供されています。

一方で、まだDFOマネージャーを利用したことのないご担当者もいらっしゃることから、勉強会の開催をお声がけいただきました。

勉強会では、Facebookダイナミック広告を中心に、データフィードに関する概要説明と、ワークショップを実施しました。当日の様子をレポートします。

データフィードの概要説明

前半では、講師の角が、データフィードの仕組みや広告媒体を中心に解説しました。運用のポイントとして、『フィードの仕様を理解する』『フィードの「質」を高める』『運用における「強化」と「抑制」をコントロールする』の3つを紹介しました。

<前半の講演風景>
前半データフィード概要説明
Facebookダイナミック広告の媒体紹介では、クリエイティブの例をもとに、管理画面から入稿する箇所と、データフィードで入稿する箇所について解説しました。

データフィードのワークショップ

後半は、参加者全員でDFOマネージャーを活用したワークショップに取り組みました。

<ワークショップのお題発表>
後半ワークショップのお題発表
今回は、Facebookダイナミック広告に出稿する際のフィードデータを題材としました。アパレルECサイトのサンプルデータに対して「在庫除外」「商品名加工」の設定を行います。

<ワークショップの開催風景>
後半ワークショップ開催の様子
参加者各自のPCでDFOマネージャーの管理画面にログインし、お題の加工内容を設定します。
皆さま真剣に受講いただき、ワークショップもトラブルなく終えることができました。

出張勉強会を終えて

参加メンバーの集合写真
今回、フルスピード様のWebコンサルティング事業部ストラテジックコミュニケーション部から8名の方にご参加いただきました。
「データフィードに対するハードルが下がった」「実際に手を動かしたのでわかりやすかった」などのお声をいただき、弊社としても運用ご担当者と触れ合う貴重な機会となりました。
ご参加いただいた皆さま誠にありがとうございました。

 

[尾野 2018年1月5日公開]