対談・コラム

便利だけど意外と知られていない Google動的検索広告(DSA)とは?
~メリットと基本的な配信手順を徹底解説~

こんにちは!コマースリンクの角(すみ)です。
Googleの動的検索広告(DSA)について紹介いたします。動的検索広告は、Webサイトの情報に基いて、広告を自動で配信できる機能です。
サイトページの多い広告主様や、たくさんの商品を持っている広告主様にオススメです。

動的検索広告とは?

Webサイトのタイトルや、頻繁に使用されているフレーズに関連した語句を使用して、Google でユーザーが検索をすると、AdWords が関連した語句を使用して、タイトルとフレーズ、ランディングページを選択し、明確で関連性の高い広告見出しを生成します。
通常、リスティング広告は膨大なキーワードを入札し、キーワードに対応する広告文を作成しますが、実際にユーザーが検索すると考えられるキーワードをすべて網羅することは難しいと考えられています。動的検索広告を活用すると、今までカバーできていなかったキーワードで検索された場合にも、自動で最適な広告が配信されます。

動的検索広告のメリット

動的検索広告を活用すると、下記のようなメリットが得られます。

  • 広告が自動で配信されるため、時間の効率化ができる
  • 関連性の高い広告が自動で生成される
  • より多くのクリックを獲得することができる
  •  
    Googleのインデックスに登録されたページであれば、ページの情報が変更されると、再度Webサイトのクロールがおこなわれ、広告の情報が常に最新の状態に保たれます。これによって、その都度キーワードや広告文の変更などをおこなう必要がなくなり、効率的に運用することが可能です。

    ターゲティングの仕組み

    動的検索広告は、Webサイトの情報に基づいて、広告の表示対象となるキーワードが設定されます。ターゲティングは下記3つのオプションから選択できます。

    1. すべてのWebページ
    2. Google のWebサイトのインデックスに基づいて広告の表示対象となる検索語句を設定し、その語句に関連した広告を生成します。

    3. 特定のページ
    4. サイトのカテゴリや、特定のWebページに基づいた動的検索広告キャンペーンを実施します。(例:タイトルに特定の語句を含むページ、URL に特定の文字列を含むページなど)

    5. ページフィード
    6. スプレッドシート(フィードデータ)を使用してターゲットを絞り込むことができます。WebサイトのURLに対してラベルを設定することで、そのURLのみをターゲットに設定することができます。

    それぞれ、適切なオプションを選択いただくと良いですが、Webサイトを頻繁に更新される場合(例:日替わりセール、在庫情報の変動が激しいサイトなど)は、3つめのページフィードをご利用いただくことがおすすめです。

    ページフィードを活用して動的検索広告を始める手順

    ページフィードを使って効率的に動的検索広告を開始する手順をご紹介します。
    ※AdWordsの新しい管理画面の手順を記載しています。また、下記の情報は2018年2月時点の内容であり、変更される場合がございます。

    1. ページフィード(フィードデータ)を作成する
    2. Page URL と カスタムラベル の2項目を含むフィードを作成します。

      <フィードイメージ>

      Page URL カスタムラベル
      https://www.example.co.jp/item_0001/ category_shoes
      https://www.example.co.jp/item_0002/ category_sox
      https://www.example.co.jp/item_0003/ category_shoes
      …… ……


       

    3. 作成したフィードを AdWords にアップロードする
    4.  a. AdWordsにログイン
       b. 右上にあるツールアイコンをクリックし、[設定] ⇒ [ビジネスデータ]をクリック
       c. +ボタンをクリックし、[ページフィード]を選択
       d. フィードの名称を入力(任意の文字列)
       e. [ファイルを選択]をクリックし、該当のフィードをアップロード
       f. [プレビュー]をクリックし、内容を確認したら[適用]をクリック
       

       

    5. 動的検索広告のキャンペーンを作成する
    6.  a. [キャンペーン]タブをクリック
       b. [+キャンペーン]をクリックし、[検索ネットワーク]を選択
       c. キャンペーンの目標を設定 ※任意
       d. キャンペーン設定を選択するページで、[動的検索広告]を選択してから、任意のキャンペーン名を入力
       e. 広告のターゲットに設定するページのドメインを入力し、[続行]をクリック
       f. キャンペーンに任意の名称をつけ、広告配信のターゲットとなる地域と言語を選択
       g. 入札戦略と予算を設定
       h. 下部にある[その他の設定]を展開し、[動的検索広告]をクリックし、
         このキャンペーンの「動的検索広告を有効にする」にチェックを入れる
       i. ターゲティングソースを下記から選択し、[保存して次へ]をクリック
         ・ウェブサイトの Google インデックスを使用する
         ・自分のページフィードの URL のみを使用する
         ・ウェブサイトの Google インデックスとページフィードの両方の URL を使用する
       

       

    7. 続けて、広告グループを作成する
    8.  a. [広告グループのタイプ]から[動的広告]を選択
       b. 任意の広告グループ名を入力する
       c. デフォルトの入札単価を設定し[保存]をクリック※自動入札を利用する場合は不要
       

    9. 広告を作成する
    10.  a. [新しい広告を作成]をクリック
       b. 広告文を入力し、[保存して次へ]をクリック
         ※タイトルとリンク先URLは動的に反映されます。
       

       

    11. 動的検索広告のターゲットを作成する

     a. 左側のページのメニューから、[動的広告ターゲット] をクリック
     b. +ボタンをクリックし、手順4で作成した広告グループを選択
     c. 動的広告ターゲットを選択する
     
    以上で設定は完了です。
    広告開始後は、配信の結果を見ながら、除外キーワードの設定や、広告の追加や最適化をおこなっていきましょう。
     
    参考:https://support.google.com/adwords/answer/3249700?hl=ja&ref_topic=3119126
       https://support.google.com/adwords/answer/7166527?hl=ja&ref_topic=3119126

    まとめ

    意外と知られていないGoogle動的検索広告ですが、少しは理解できたでしょうか?
    動的検索広告を活用することで、運用における作業時間の効率化が可能ですが、最適化のためには除外キーワードや、広告オプションの利用する必要があります。効率化された時間を活用し、効果の最大化を目指してください。

    ちなみに、2018年2月に弊社のDFOサービスでGoogle動的検索広告のページフィードに対応いたしました。もしフィードにお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
    コマースリンクの「DFO」が「Google動的検索広告(DSA)」のデータ作成を開始

    ⇒DFOサービスについて、詳しくはこちら

    [角 2018年2月23日 公開]