取り扱い広告

商品リスト広告(PLA)

商品リスト広告は、ユーザーの検索キーワードに対して関連性の高い商品を、Googleの検索結果に表示するGoogle AdWordsの配信手法の一つです。画像、タイトル、価格などを表示できるため、通常のテキスト広告に比べると、高い訴求力が特徴です。

Googleのショッピングフィードを活用した、ECサイトへの効果的な集客をお考えではありませんか。

商品リスト広告(PLA)のメリット

1.高いCTR

商品リスト広告は、Google検索結果と同じ場所に表示されるテキスト広告に比べてクリック率(CTR)の大幅な向上が期待できます(場合によっては、クリック率が通常の 2~3 倍に増加)。

2.質の高いユーザ送客

商品リスト広告から流入するユーザーは、商品画像や価格などの購入判断に必要な情報を確認して広告をクリックします。したがって、質の高いクリックが増加し、購入に至る可能性が高まります。

3.検索結果で露出を拡大

商品リスト広告の表示枠の中で、同じ広告主の商品が複数表示されることがあります。さらに関連性が高い場合は、商品リスト広告とテキスト広告が同時に掲載される場合もあり、Google検索結果のページ内で露出度を増やすことができます。

導入に必要な準備

商品リスト広告の導入には以下のご準備が必要です。

項目 説明
アカウント開設 AdWordsアカウントと、Google Merchant Centerアカウントを開設し、2つのアカウントをリンクします。
商品データフィード 実施にあたり、商品の画像、タイトル、価格、ショップ名、会社名など、ECサイトが保有する商品情報のデータフィードを作成し、Google Merchant Centerにアップロードします。
ショッピングキャンペーン AdWordsアカウントのショッピングキャンペーンを利用して、商品リスト広告を開始できます。Google Merchant Centerに保存された商品情報に基づき、入札単価の設定や、配信対象の指定など、広告配信の設定を行うことができます。

 

当社は、広告運用だけでなく、タグの設置やデータフィードに関する専門スタッフも揃えています。だから、お客様は商機を逃すことなく商品リスト広告を速やかに開始できるのです。

商品リスト広告の運用実績

商品点数の多いECサイトを中心に、高いパフォーマンスの実績がございます。

広告主様 ROAS CVR CPA
総合家電 860% 1.30% 850円
パソコン 2600% 1.40% 1,100円
おもちゃ・ゲーム 2600% 3.70% 230円
ファッション 2200% 5.20% 770円

 

成果アップに向けた取り組み例

当社では、お客様の指標を達成するための各種施策を実施します。
【事例】ファッションの通販サイト
施策:Googleキーワードプランナーを活用し、有効な検索ワードでデータフィードをチューニング。
結果:チューニング後に Click数 2倍
お客様サイトにて実施する場合の想定値をお見積り可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

Googleマーチャントセンター徹底解説

Google動的リマーケティングへの広告出稿に欠かせないGoogle Merchant Centerの開設からAdWordsアカウントへの紐づけ、フィードの設定について解説します。

  • アカウント開設と詳細設定
  • 動的リマーケティングタグ設定
  • 効率改善のキーポイント

 

本ページに記載の情報は2015/7/15時点での情報です。